脱毛

トリアで自宅でレーザー脱毛!本当に痛い?アラフォー脱毛記録③

更新日:

トリアを使ってみました~♪第1回目は、腕からやってみました。

始める前に、やらなくてはいけないことがあります。

それはムダ毛処理です。

トリアを使う部位は、ムダ毛処理をしないといけません。

おすすめはカミソリでの処理です。
この時、毛抜きは絶対にいけません。

毛抜きでの処理の場合は、毛根ごと毛を抜いてしまいます。
すると、レーザーを当てる意味がありません。

レーザーは黒い部分に反応します。
毛抜きだと、それがなくなるので意味がないんです。

なので、毛抜きは使わないでくださいね。

使う前には、当たり前ですが充電します。

充電中は、このように表示されます↓↓

tria12

早く充電されないかな~とワクワクしながら待ちます。

充電時間は、だいたい2時間くらいでした。

2時間くらい充電時間がかかりますから、充電が切れたらその日はもう使えないかなという感じですね。

トリアは、充電しながら使うことはできません。

「充電しながら使えたら楽なのになぁ。」
と思いますが、よくよく考えたら、それって危険なのかも。

だって、充電しながらだと無限に使うことができます。
すると、気づかない内に肌に負担をかけるかもしれませんよね。

使いすぎっちゃったり、同じところに何度もトリアを使っちゃたり・・・。

トリアの上手な使い方は、毛周期に合わせて使うことなんですって。
毛周期は、だいたい2週間あります。

なので、トリアも2週間に1回使うのがポイントです。

私の場合、今回腕をしましたから、2週間後にもう一度腕にトリアを使うという感じです。

これを6回繰り返すと、ムダ毛がなくなるレベルになれるんですって。
ということは、約3ヶ月ですよ。

3ヶ月で脱毛が完了するって早いですよね。

エステだと、もっと時間がかかります。
私も以前、エステで脱毛してましたが、期間は2年かかると言われました。

トリアだと、今日腕をして、明日は足、明後日は背中と、毎日レーザー脱毛をすることができます。

トリアを使う部位を変えれば、毎日脱毛ができますよね。

それを2週間ごとにトリアを使うだけ。
これは、エステで脱毛するより、断然楽です。

トリアは痛いって本当か?

トリアを使う前に、
「レーザー脱毛は痛いよ。」
と聞いていたので、使う前からドキドキしていました。

ムダ毛がなくなるのはいいけれど、痛いのはイヤです。

トリアは、照射レベルが1~5まであります。

当然、数字が高くなるほど強くなるので痛さも増します。

tria14

私はレベル3から始めました。

いざ覚悟を決めて当ててみると・・・

「ん?痛くない。」
というのが正直な感想です。

肌に当てて、ボタンを押すと「ピピッ」と音がします。

この音がなれば、うまくレーザーを照射できた証拠です。

肌にうまく当てられていなかったら「ブブー」という音がします。
この時は、レーザーが当てられなかった証拠です。

音によってうまく当てられたか、失敗したかがわかるのでありがたいです。

照射した回数も、ちゃんと表示されます↓↓

tria15

私はレベル3で、まったく痛さを感じなかったので、レベル4まで上げてみました。

すると、チクっという刺激を感じました。
痛いというわけではなく、なんだかチクチクする感じです。

チクっとすると同時に、熱さも感じました。
「熱い!」というほどではなく、なんだかポカポカするレベルです。

処理したあとは、化粧水やクリームで保湿しておきます。

トリアでも、専用のジェルがあるみたいなので、こちらも購入を検討中です。

やっぱり使用したあとは、ちゃんとケアしておきたいですしね。

腕のムダ毛は、太さもないし、あまり黒くもありません。
なので、レベル4でも痛さも感じなかったのかもしれませんね。

レーザーは、黒いものに集まりますから、当然、毛が太く黒いほど痛さも増します。

ワキやデリケートゾーンに使う場合は、低いレベルから始めた方がよさそうですね。
トリアを使う前に、冷やすのもポイントです。

冷やしてからトリアを使うと、痛みも軽減されます。

痛い場合は、低いレベルから初めて、だんだん毛が薄くなってきたらレベルを上げるのも手かもしれません。
回数を重ねるごとに、毛はなくなっていきますから、痛さも軽くなっていきます。

使うたびに、痛さはマシになっていくんでしょうね。

次は、毛の太いワキをやってみて痛さに違いがあるか確かめたいと思います。

-脱毛
-, , , ,

Copyright© Around40-Cosme│アラフォーママの化粧品&ダイエットレビューブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.